ありがとう!ご来場数

ぷろふぃ~る

朝比奈龍也

Author:朝比奈龍也
私、朝比奈龍也と言います。
作家志望の年齢不詳。
いまだにワープロを愛用中。
PCに疎いため、
友人の力を借りて、
ネット参戦!
近いうちにPC買うぞー。
携帯電話からの更新は
きついです。
よろしくお願いします!

おニュ~な記事

目次

他の朝比奈龍也

パートナー

仲良しさん達(相互リンク)

リンク集

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/28 (Wed) 19:56
売れるから名著とは限らない

ずっと、「これはなぁ~」と悩むような本を読んでいた。

ノベライズ本のような小説。
擬音だらけの小説。
読みやすいだけの小説。
(小説を読まず、マンガなどに影響を受けた作家が
 多くなったのだろう……と何かに書いてあった)

一応、最近の傾向を知るために、
売れ筋を読んでみたりするが、ガッカリしていた。
売れれば良いのだろうが、「なぜ売れる?」と
問いたくなるような本を読んできた。

文章が下手でも、アイデアにインパクトがあって、
新しいものなら、まだ納得できるのだが、それもない。
でも、売れている。

私の好きな作家たちの文章は、
読書に慣れてない人には読みづらいのかもしれない。
それでも、整った文体を持ち、美しい描写で描かれ、
それでいてなお、ストーリーがしっかりしている。

読書しまくりの私でも、
岩井志麻子さんの「ぼっけぇきょうてぇ」は読みづらかった。
しかし、上に書いたように作品が美しいのだ。

そういう作品たちが売れ筋に入ってほしいと思う。
また、小説を書こうとするものは、そういう作品から
学ぶべきだと思う。
もう一つ、私よりも若い子たちも、安易に読みやすさに
走らずに、名著に触れてほしいと願っている。

ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

スポンサーサイト

2007/03/27 (Tue) 11:43
玩具修理者

私は、日頃から角川ホラー文庫をよく読んでいる。
古本屋に行っては、100円で大量に買ってくる。

昨日、一日がかりで読了した小説がある。

それは、「玩具修理者」だ。

私は、この著者「小林泰三」という作家を知らなかった。
ホラー大賞短編賞をとった作家というのに。
(この玩具修理者にて、1995年に受賞しており、
 長編では、パラサイトイブが受賞している。
 どうやら映画化もされてるらしい)

私がこの著者を知ったのは、
同じ角川ホラー文庫「ゆがんだ闇」という6人の作家による
短編集の中でだった。
(この文庫本は、6人の中に鈴木光司という名前があったから
 購入したものである)

その中で著者は「兆」という作品を書いていた。

正直、何と小難しい設定で物語を作るのだと思った。
何度か読み返したが、理解するまでには時間がかかった。
分かりづらかったとも言える。
でも、どこかで興味があった。

今回、この著者の作品を2冊ほど購入してみた。
(今回読んだ「玩具修理者」と未読の「肉食屋敷」)

「玩具修理者」

その中には、2つの物語があった。
表題の「玩具修理者」ともう一つ「酔歩する男」の
2作品が収録されている。

「玩具修理者」の方は、短い。
4分の3は、「酔歩する男」だった。

初めて見たときは、受賞作よりもサブ作の方が
多いんだーなんて思った。

肝心の内容の方だが、

いきなり言おう。

「玩具修理者」よりも
サブであるはずの「酔歩する男」の方が断然おもしろい。
一気に読んでしまった。
(内容にはあえて触れないでおこう)

両作品とも、「生きている、死んでいる」という境界線を
彷徨う様な話だ。
(確か、「兆」もそんな感じだった。
 著者の傾向だろうか。)

ただ、この著者のすごいと思うところは、
「人間」って何? っていうことを考えさせてくれる。

人間の持つあらゆる不安定さを描きだしている。

そして、その不安定さが怖いのである。

一部では、
SFだとかホラーじゃないという声もあがっているようだが、
私から見れば、素晴らしいエンターティメント小説だ。

ここ最近読んだ本の中では、最高の読み応えだった。
(特に、「酔歩する男」)

読後しばらく、物語の世界を旅していた。

次が楽しみである。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

2007/03/26 (Mon) 15:03
リングを見直す

この日記は、mixiに以前書いた日記の写しです。
mixiで一度読まれた方は申し訳ありません。
私自身の創作的コメントを含んでいますので、
再度こちらにアップすることになりました。
ご了承ください。


私の好きな作品の中に「リング」がある。
鈴木光司先生が書かれた小説である。
(あえて、ホラーとは言うまい。
 しかし、私はホラーとして影響を受けた)

映画化もされている。

正直言って、映画はまずまずだった。
画期的な面は確かにある。
見せ方も素晴らしい。
だが、小説には劣る。

私は、原作の方を先に読んでいた。
だからこそ、映画はまずまずと感じた。

小説は本当に恐ろしい。

映画のように視覚、聴覚に訴えるものはない。
その代わりに、脳にイメージさせる。

言うならば、自らが作り出す恐怖なのかもしれない。
自分が実体験しているかのようなイメージ。

ここで1つ思うことは、
モノ書きとして、作品が映像化された場合、
その映像に負ける作品ではあってはならない。
原作の方が断然おもしろい! と
言わせることが必要だと思う。
要は、映像の力を借りるのではなく、
文章として、脳にインプットさせる。想像させる。
それだけの文章力が必要なのだと思っている。

いろいろ書いたが、
今回の日記で私が言いたいことは、
映像がどうだとか、原作がどうだとか、
そういうことではない。

文章によって、読み手の脳にイメージさせれるかどうか?
文章という技術のみを使い、どれだけ相手に伝えれるか?
ということである。

それが重要ではないかと思っている。
分かりきっていて、当たり前なことであるが、
それゆえ難しい。

力説してしまったが、
これは、私のためのモチベーション日記と言える。
肝に命じ、つねに頭の中に入れておかねばならない。

最後に、
鈴木先生は素晴らしい。
私にとって、良い教科書のように思っている。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

2007/03/25 (Sun) 14:10
書けないときに……

今執筆中の作品があり、
2行目から進まない。
プロットなどの下準備は済ませてあるのであるが、
止まっている。
キーボードが打てない。
いや、打てど打てど、Delete。

一通りの流れの中にある細かい部分。
あらすじでもなく、章でもないさらに細かい部分。

一文字一文字である。

言葉を探している。
どう描写するか? 考えている。

一文字一文字が重い。

展開ではなく、言葉を選ぶところで止まるのだ。

物語を作る前、大まかな流れ、プロット、他の設定を決めて
書き出し始める。
しかし、一文字一文字の小さな流れまでは、
決めてなかったりする。
(これは普通なんだろうけども……)

文章は、段落、文などと細かく分けられる。
その中でも、一文字は、選択を迫られる。

どの一文字を使うのか?

そして、堂々巡りを繰り返している。
語彙の少なさを痛感したりもする。

考えてもダメな時は、考えない。
少し、間を置く。

書けないときは、散歩。
近所を一通り歩いてみる。

私は、今から行ってくることにする(笑)


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

2007/03/24 (Sat) 15:30
作業経過を少々

作業経過を少々。

一気に考えていた事があった。
それは、前回の作品とサイトのこと。
同時進行で考えていたのだが、
要領が良くなるどころか、悪くなる一方だった。
(私の能力のなさ、愚かな私)

ひとまず、サイト制作は置いておく事にした。
作品に集中する事にした。

そもそも、同時進行で作っても、
ホームページを知らない以上、何も始まらない。
調査が必要だった。
調査は同時進行でできるが、サイト作成までは難しい。

それに、作品自体ができていないと(発表できる状態)
サイトがあってもお話にならない。

だから、サイトは、作品を仕上げ、眠っててもらう間に
制作する事にした。
推敲を行うまでにサイトを作ってしまおうと考えた。
私の場合、推敲を行う前に作品にはしばらく眠っておいて
いただく必要がある。
最低でも半月。
その間に、作ればいい。そう考えるようになった。

早く作りたいという焦りが頭をよぎっていくが、
制御していかねばならない。

納得のいくモノを作るには、
それなりの集中が必要だ。
あれもこれもだと、中途半端になりかねない。

問題は山積みだが、
一個ずつ解決していこう。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

2007/03/20 (Tue) 15:49
創作とホームページ

こんにちは。

今、私はですね。パソコンに向かってます。
ホームページを作ってやろうと思いまして、
作成関連のサイトをのぞいています。

なにやら難しい言葉がたくさん並んでいますねー。
はてはて。

この前、mixiで足跡をのぞいていた時に、
おもしろいモノを見つけました!

私がイメージしていたサイト。
それに近いサイトを見つけたのです。

どんなイメージか?
それは、世界観とか画像とか、そういうのではなくて
文字の見せ方といいましょうか、
こういう見せ方は、いいなーという私の希望を
そのままやっていらしたのですね。

小説系サイトはたくさんありますけども、
私にはピンとこないものが多かったのです。
(イメージ的に)
このサイトの見せ方は、私に大きなインスピレーションを
与えてくれました。

フォントや文字間隔、そういったもの。
私が求めていた文章の形態。

これだ! と思いました。

とはいえ、
やることがたくさんあります。

それは、メインの内容。
小説のことですねー
推敲段階で止まっているものがいくつも……
これをどうにか処理しなくてはならない。

さらに、ホームページを作る! っていうことを
勉強しなければいけませんね。
レイアウトイメージはできているのですが、
作ろうとなると、また別の要素が絡んでくるもので、
それが私を悩ませてますね……。
そもそも、ホームページってなんぞや?的なもの。

課題はたくさんありますけども、
少しずつでも進化を見せれればなと思っております。

ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

2007/03/17 (Sat) 16:40
書けど書けどはまり込む道

マイペースを貫き、書いてます。
かなりの遅筆気味……。
(すべてが決まった時、さらーっと書けたりするんですが。
 プロットや全体の流れは予め決めるのですが、
 書き方とかその雰囲気とかですね)

遅筆の原因として、私の頭を悩ませる問題が、

あちこちのバラバラになった断片が頭に浮かび、
その先どうしようか? という状況です。

1つの作品ならともかく、
同時に複数の作品の断片が浮かんだ場合です。

あっち行き、こっち行き……
いったい私はどこに行くのか?
そういう状況に陥ったりする訳です。

ノートをつけてますが、
常時浮かぶこの手の断片を思考に取り組み、書いていると、
行っていた1つが止まり、また止まり、といった
1つずつが中途半端な状況に陥りがちなんですね。

もっと要領よくできないものか? 私は? 
と思ってしまいますね。

そして、究極の問題が、
はまり込むって事ですね。
何に、はまり込むかと言いますと、

ありきたりって道ですね。

書いてると、これはいけない! という瞬間がきます。
無意識の中で、私の中にある既存本のデータが
顔を出してくるんですね。

影響とかそういうのなら良いんですが、
同じじゃないか。という時があったりするんですね。

そして、再び思考の渦に巻き込まれると。


世の中には、まったく新しい要素は、
ほぼないと思ってます。
やはり、既存のデータから逃れられなかったりします。

新しい作品が出るたびに、○○のマネ。とか
言われたりしますよね。

まったく新しいモノではなく、
既存という器にある何かと何かの組み合わせで
モノが生まれる。

これはしょうがないことなのかもしれないと思います。
(まったく新しいモノが生まれれば、大万歳です)

ただ、それをどう自分の中で処理するか? という
課題がつきつけられる。

その課題の大きさが私を悩ませます。

先人という偉大な方々が、やりきってしまった事を
新しく、新しい形で処理する。

これからは、(しかし、ずっと前から)
そういう能力が必要なのかもしれませんね。


……とはいえ、
すべての遅筆の原因は、私の要領の悪さにある。
一番難しい結論に達してしまいました。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

2007/03/16 (Fri) 18:24
先っぽの重いペン

創作上、いつも使うのは文具類である。
特に、書くための文具。
シャープペンやボールペン、サインペンなどなど。

私の場合、筆圧が高いので(力みすぎなわけだが)、
ペン先が重い方がいい。

いろいろ試してみた。
しっくりくるモノがなかなかない。
(おかげで、シャーペンだらけである)

ドクターグリップというシャーペンがある。
なかなか良いが、まだ先が軽い。

ペン先に、シールタイプのおもりをつけてみようかと
考えているが、貼る場所が見つからない。

こんなところでも、試行錯誤だ。

先っぽの重いペン。

どうにか書き良いモノが見つからないかと思っている。
道具は、やはり大切だからだ。
自分のモチベーションを高めてくれるモノ。
それが、道具である。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

2007/03/15 (Thu) 20:49
読書の日々

本を読む。
読みまくるといった方が良いだろう。

文章を学ぶには、読むのが一番だと言われている。
いろいろな意見があるが……。

そのためだけではない。
私は、本が大好きなのだ。
別の世界が覗けるようで、エキサイティングな気分になる。
日常を忘れる瞬間でもある。

文章を学ぶため、別の世界を覗くためという2つの理由で、
本を読みまくっている。

1つ問題がある。
読むのが遅い。短編のくせに、2時間もかかったりする。

理由は2点。
内容を確実に理解しながら読もうとする。
文体、書き方、表現法を掴もうとしている。

物語の世界を覗くだけならば、
ここまでの時間はかからないが、
2つ同時は、時間がかかる。
上級者なら、すぐにこの2点はできるのだろうけど、
私はヘタクソだ。

前にmixiでマイミクさんが、速読を話題にした事があった。
小説を書くマイミクさんだったので、
私は、読むのも大事だが、
速読を学ぶ時間よりもたくさん書いた方がいい。と言った。

この気持ちは今でも変わらない。

だが、たくさん読みたい。という理由もあるならば、
速読もアリかなと思うようになった。

早く読めれば、たくさん読める。
うれしい限りではないか。

私は、欲張りだ。
2つ同時にこなしたい。という欲求がある。

それが可能なのであれば、
速読を学ぶ事は、役に立つかもしれない。

私の試行錯誤の読書の日々である。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

2007/03/12 (Mon) 22:26
我が家にネットがやってきた

ついに我が家にもハイテクがやってきました。
パソコンとネット環境です。
(いまさら、ハイテクではないですかねー)

いえいえ、私にとってはハイテクなのです。
同じキーボードを打つにしても気持ちが違います。
全然違います。
新鮮な気分です。

とはいっても、私の持ち物ではありません(泣)

家族の持ち物なのです。
だから、個人的に使うには、時間が限られてしまいます。

作品作りは無理ですね……。

ということで、
この日記は、リビングパソコンから書いてます。
これで、更新はいつもより簡単になるでしょう。
ブログもmixiも。

それにしても……

あーマイパソコンほしいな。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。