ありがとう!ご来場数

ぷろふぃ~る

朝比奈龍也

Author:朝比奈龍也
私、朝比奈龍也と言います。
作家志望の年齢不詳。
いまだにワープロを愛用中。
PCに疎いため、
友人の力を借りて、
ネット参戦!
近いうちにPC買うぞー。
携帯電話からの更新は
きついです。
よろしくお願いします!

おニュ~な記事

目次

他の朝比奈龍也

パートナー

仲良しさん達(相互リンク)

リンク集

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/26 (Mon) 15:03
リングを見直す

この日記は、mixiに以前書いた日記の写しです。
mixiで一度読まれた方は申し訳ありません。
私自身の創作的コメントを含んでいますので、
再度こちらにアップすることになりました。
ご了承ください。


私の好きな作品の中に「リング」がある。
鈴木光司先生が書かれた小説である。
(あえて、ホラーとは言うまい。
 しかし、私はホラーとして影響を受けた)

映画化もされている。

正直言って、映画はまずまずだった。
画期的な面は確かにある。
見せ方も素晴らしい。
だが、小説には劣る。

私は、原作の方を先に読んでいた。
だからこそ、映画はまずまずと感じた。

小説は本当に恐ろしい。

映画のように視覚、聴覚に訴えるものはない。
その代わりに、脳にイメージさせる。

言うならば、自らが作り出す恐怖なのかもしれない。
自分が実体験しているかのようなイメージ。

ここで1つ思うことは、
モノ書きとして、作品が映像化された場合、
その映像に負ける作品ではあってはならない。
原作の方が断然おもしろい! と
言わせることが必要だと思う。
要は、映像の力を借りるのではなく、
文章として、脳にインプットさせる。想像させる。
それだけの文章力が必要なのだと思っている。

いろいろ書いたが、
今回の日記で私が言いたいことは、
映像がどうだとか、原作がどうだとか、
そういうことではない。

文章によって、読み手の脳にイメージさせれるかどうか?
文章という技術のみを使い、どれだけ相手に伝えれるか?
ということである。

それが重要ではないかと思っている。
分かりきっていて、当たり前なことであるが、
それゆえ難しい。

力説してしまったが、
これは、私のためのモチベーション日記と言える。
肝に命じ、つねに頭の中に入れておかねばならない。

最後に、
鈴木先生は素晴らしい。
私にとって、良い教科書のように思っている。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク

スポンサーサイト

<< 玩具修理者 | ホーム | 書けないときに…… >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。