ありがとう!ご来場数

ぷろふぃ~る

朝比奈龍也

Author:朝比奈龍也
私、朝比奈龍也と言います。
作家志望の年齢不詳。
いまだにワープロを愛用中。
PCに疎いため、
友人の力を借りて、
ネット参戦!
近いうちにPC買うぞー。
携帯電話からの更新は
きついです。
よろしくお願いします!

おニュ~な記事

目次

他の朝比奈龍也

パートナー

仲良しさん達(相互リンク)

リンク集

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/09 (Mon) 17:50
練り直し、書き直し

1つの作品を作り上げることは、
かなりの労力を要します。

練り直し、書き直し。

私は、またもや書き直してます。

実は、完成していたのです。
(これは草稿のことです)

書き上げたときの満足感。
頭の熱が、火傷しそうなくらいの状態。

1週間後……。

推敲のお時間がやってきたようです。
(1週間は早いかもしれませんが)

なんだ? これは?

私が持っていた作品のイメージではない。

捨て原稿になってしまいました。
(完全に捨てるわけではありません。
 失敗を見極めるには必要な原稿です)


最近、オンライン系の小説サイトが流行ってます。
特にケータイサイト。

私は、いろいろ目を通してます。
そこで、何度も思うことがあります。

「あー、もったいないな」
もう少し練れば最高なのにー。

ケータイ小説を書く作家の多くは、
小説を読んでない人が多いと聞きます。

私もそう思います。
文章の構成や書き方を知らない人が多いと思います。
でも、アイデアという目で見れば、
感心することが多いです。
だからこそ、「もったいない」と思います。

私は、文章書きたいなら小説を読め!と
言うつもりはありません。

ただ、作品を大事にしてほしいということです。

最低限の文章の書き方(原稿用紙など)を知ることと
書き終えた後の推敲をやってほしい。

できたから、すぐアップロードではなく、
熱を冷ましてから、推敲し、アップロードしてほしい。

私は悔しいんですよ。とっても。
自分に書けないような作品がオンライン上にあることが。
まして、アイデアが素晴らしくて、
文章がマズいと悔しいです。

お互いがんばりましょう。
素晴らしい作品を作り上げましょう。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク
(日々の出来事を綴っております)
スポンサーサイト

<< 書く時間 | ホーム | 書き出す前の準備 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。