ありがとう!ご来場数

ぷろふぃ~る

朝比奈龍也

Author:朝比奈龍也
私、朝比奈龍也と言います。
作家志望の年齢不詳。
いまだにワープロを愛用中。
PCに疎いため、
友人の力を借りて、
ネット参戦!
近いうちにPC買うぞー。
携帯電話からの更新は
きついです。
よろしくお願いします!

おニュ~な記事

目次

他の朝比奈龍也

パートナー

仲良しさん達(相互リンク)

リンク集

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/13 (Fri) 17:07
書く時に

私の弱点からピックアップした今日のお話は……

書く時に躊躇しない! ということ。
(前提として、設定をきっちり決めておくということが
 あるけども……)

いざ、書き始めた時、躊躇してしまうことがある。
文字の並べ方であったり、表現の仕方であったり、
1行を悩むケースが多い。

躊躇しないとは、とにかく書き連ねてみよう!という
意味を示している。

書くことに集中し、全文もしくは、一区切りまで
一気に書いてしまう。

躊躇するなら、書いた後にしてみよう。
書く前に考えこめば、進まない場合がある。
そのまま放置ってこともありえる。
今の構想を逃すのはもったいない。

一旦、書き終えてから修正してみよう。
草稿として完成させる。

私は、躊躇するなら「推敲」の段階でと言いたい。
(最近、私はそうするようにしている)
何度も推敲を重ね、きっちり整える。

初めて書こうとする人は、
途中で投げ出してしまうことが多い。
もったいない。
理由は、表現方法だったり、どう書けばいいかだったりする。
(設定をきちんと決めておくのは大前提。
 飽きるってのもあるが……)
私が思うに、ヘタクソな文章でかまわない。
とにかく草稿として完成させること。
それが重要な第一歩となる。

草稿時点で、満足したらマズいのだが、
そこから、文章を研ぎすませていく。
何度も何度も、直していく。

すると、スリムな作品ができあがる。

書く時に躊躇せず、書きあげてみよう。
それは、力強い第一歩となるはずだ。


ブログランキング参加しました。
クリックお願いいたします。
   ↓
人気blogランキング

朝比奈関係のサイトをよろしくお願いします!

mixiプロフィールリンク
(日々の出来事を綴っております)
スポンサーサイト

<< 映画で学ぶ | ホーム | 書く時間 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。